2019年4月16日

風邪の後の予防接種を受けるタイミングを教えてください。

寒い季節となり鼻風邪や胃腸炎など様々な感染症が流行ってきます。予防接種は安全性が大事ですので、できる限り元気な状態の時に受けたいものです。しかし、この時期はずっと鼻が垂れていたり、朝方に咳が続く子どももいます。ようやく治ったと思ったら、また別の風邪をもらっての繰り返しということも多いです。予防接種を受けるタイミングが難しいですよね。37.5度を越える発熱があった場合は解熱後一週間ほどあけてください。微熱、軽度の咳・鼻水・下痢などがあっても元気な状態であれば、予防接種は可能です。風邪をひいてることによって副反応が増えたり、ワクチンの効果が減弱することはありません。風邪を繰り返している場合は、症状の出始めの時期だけはその後の悪化の可能性があるため避けていただき、症状がピークを超えた回復期に接種してもらえればと思います。飲み薬を飲んでいても接種禁止になることは少ないですが、最終的には接種する医師の責任で行うため、日頃からどのような状態になったら予防接種ができるのか確認しておいたら確実だと思います。